資格がフリーエンジニアにとって役立つとき

フリーエンジニアにとっての資格とは、2つの意味合いがあります。
1つは、仕事を獲得するための要件を満たすためのものであるということです。
フリーエンジニアとして生活を成り立たせていくためには、絶え間なく仕事を獲得していく必要があります。
フリーランス向けに応募されている案件から自分の希望するものを選ぶ際に、要件としてあげられている場合があるのです。
単純に経験があることというだけのこともありますが、具体的な資格試験をパスしていることが要求され、仕事の獲得のために取得しなければならなくなることもあります。

もう1つの意味合いは、スキルアップの指標とするというものです。
既にもっている自分の能力だけで仕事を獲得したり、請け負った問題の解決をしたりすることが難しい状況に巡り会ってしまうでしょう。
そういったときには、新しいスキルを身につけることが重要になります。

新しい領域のスキルを磨く際には目標地点があると便利であり、その指針として該当する試験を利用するのが簡単な方法なのです。
国家試験に加えて、民間の試験やベンダーの試験もあり、全体としてみると幅広くカバーされていることから、一般的に必要とされるようなスキルであれば該当する試験がみつかるでしょう。
それを目標として、参考書や過去問題集などを利用して勉強すると効率的にその分野についても精通できるようになります。
このように、フリーエンジニアにとっては資格は2つの面から役立つものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です