フリーエンジニアが狙うべき資格

どこかの企業で正社員として働くのであれば、あまり資格というものは重視されません。
それよりも実績であったり経験であったり、そういったものの方が重視される傾向にあります。
しかし、フリーエンジニアとして働いて行きたいのであれば、資格はできるだけ揃えておいた方がいいでしょう。
自分の実力を初対面の人にでも明確に伝える役に立ちますし、どういった資格を持っているかによって報酬が変わるケースもあるからです。
高度なスキルがあると証明できれば、それだけ年収アップにも繋がるのです。

プログラマやシステムエンジニアとして働いて行く場合には、基本情報技術者試験に合格しておくのは最低ラインだと思っておくといいでしょう。
これがないと、最低限の能力があるということも証明できなくなります。
さらにいえば、ソフトウェア開発技術者試験にもパスしておけば仕事の幅が広がります。
ただし、これらの試験はかなり難しいものになっていますから、それなりの勉強時間が必要です。すでに仕事をしているのであれば、なんとか勉強時間を捻出しなくてはなりません。

アプリケーションエンジニア試験というのも最近は注目を集めています。
上記の二つよりかはだいぶ難易度も上がりますが、これを持っていればさらに年収を上げていくことも可能です。
開発会社でリーダー的な存在として活躍するためには、取得しておくのが望ましいです。
高難易度の試験にパスしておけば、将来にわたって安泰です。
アプリケーションエンジニアとして活躍したい!という方に向けてのサイトがあります。参考にされては?「アプリケーションエンジニア転職診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です