フリーエンジニアには資格は不要

フリーエンジニアに資格は不要であり、あろうとなかろうと名乗ることはできます。
しかし、あったほうが有利ではあります。
つまりは、フリーで仕事を請けるわけですから、一つでもアピールポイントはあったほうがよいからです。

例えば、ソフトウェア開発技術者とかネットワークエンジニアなんかの資格があれば、そうした仕事が請け易くなります。
こうしたスキルがあり、実力がありますから、うちは仕事を請けても納期通りに納入できます、ということが自信を持って言えるからです。
但し、資格があれば、それか実力を証明するようなことになる、というわけではありませんから、それは間違えないようにするべきです。

フリーで働く、ということは二つのものが確実に必要になります。
それが実力とコネであり、要するにスキルがあり、伝手があることが必須なのであり、それをコツコツと積み上げておき、そして独立するべきなのです。
フリーエンジニアというのは、安定性とは無縁の仕事をする、ということになります。

しかし、それでもやろうとするのは独立して商売をすることに見出しているからです。
労働の量と質と成果がすべて自分のものになるのです。
実力と成果こそが、自分の社会的な価値になるのです。それがフリーエンジニアの醍醐味であり、大事なことであるわけです。
それに上手くすれば事業を拡大して、キチンとした会社組織にもできます。それを最終的な目標にしている場合も多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です